忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私が任意整理したのはギャンブル依存症が原因でした。仕事のストレス解消のつもりで行ったパチンコにはまってしまったのです。

しばらくは反省しておとなしくしていましたが、大当たりした時の爽快感が忘れられず、とうとうヤミ金を利用してしまいました。

利子の返済(ジャンプ)だけでしのぐのも限界があり、あっという間にお金が回らなくなりました。会社に知られるとまずいし、とにかく早く手を打とうと思い、ヤミ金業者に強い事務所を必死になって探しました。

いくつかの事務所に当たりましたが、対応の感じが良かったこととヤミ金案件を5000件以上も解決してきた実績に惹かれ、ジャパンネット法務事務所を選び、すぐに依頼しました。

すると、依頼したその場でヤミ金へ直接電話をしてくれたのです。「うちは警察にも強いパイプがあるからな」のセリフが効いたためでしょうか、その日のうちに無事に解決できました。

司法書士の先生からヤミ金の手口や嫌がらせなどについても詳しく聞くことができ、2度とヤミ金には手を出さないようにしようと決意しました。

今は、月に1~2回、自分のおこづかいの範囲でパチンコをしています。


ジャパンネット法務事務所フリーダイヤル0120-600-287
受付け時間=9時~21時 (月曜から土曜日対応)

ヤミ金解決・相談料無料のジャパンネット法務事務所


ジャパンネット法務事務所の他の口コミはこちらでも確認できます。


PR
今回取材したのは、ヤミ金被害案件だけで5000件以上もの解決実績を持つジャパンネット法務事務所です。「ヤミ金は絶対に許さない!」と断言するだけあって迫力も満点!警察と太いパイプがあることも他に類を見ない特長だと思いました。


『ヤミ金には一円も返済しないのを基本姿勢に!』
ジャパンネット法務事務所代表司法書士:小宮山博之

ヤミ金への借金は、一切返済する必要がありませんと言うと、多くの相談者が驚かれます。
ヤミ金は、出資法違反だけでなく民法の公序良俗違反にも当てはまり、貸し付け行為も不法原因に該当します。つまり、ヤミ金は存在そのものが違法なので、元金も利息もぜんぜん返済する必要はないのです。


にもかかわらず、ヤミ金は執拗に返済を迫ります。それは、連絡先として教えた勤務先や家族などの個人情報や保証人の情報を持っているため、返済しないと大変なことになると強調して恐怖心をあおり、借り手を心理的に追い込むからです。

そんなヤミ金に対して、ジャパンネット法務事務所は、元金も利息も含めて一円も返さないのを基本姿勢に対応しています。取り立て、嫌がらせをすぐに止めさせ、悪質なケースや依頼者の身の安全に危惧があると判断した場合には警察とのパイプを利用して連携を取り、ヤミ金摘発に動きます。

ヤミ金の被害を解決することは大切ですが、それ以上に大切なことは生活の再建です。
ヤミ金はもちろん、借金問題を根本から解決して生活を変えたいと思うなら、一度相談してください。きっとお役にたてるはずです。


ジャパンネット法務事務所
代表司法書士 小宮山博之
東京司法書士会1392号 簡裁訴訟代理関係業務認定501079号
ジャパンネット法務事務所から、ヤミ金被害に悩む人にうれしいニュースが届きました。

それが、2014年9月から導入された新しい料金体系です。

これは、他の事務所にはない画期的なもので、ざっくり言えば、これまで固定額だった解決金制度をやめて、相談者の置かれている状況や依頼内容に合わせて着手金を29,000円~49,000円と幅を持たせました。
これにより、業務ごとの金額が明確化され、これまでよりもリーズナブルな料金でも解決ができるようになりました。

さらに、最近増加傾向にある“押し貸し”被害を救済するため、キャンセル料違法請求などの着手金を定の19,000円としています。
これは、ヤミ金にお金を借りたいと申し出はしたものの、振込み口座を教えていないなどから、まだ実際の貸し借りが成立していない場合の解決に使われる着手金です。

とにかく早くお金を振り込もうと焦るヤミ金は「契約したんだから口座を教えろ!早く金を借りろ」と強引に催促し、さまざまな嫌がらせを仕掛けてきます。

ジャパンネット法務事務所は、まだお金の貸し借りが成立していない段階、つまり手遅れにならないうちに早期の解決を図るために、通常の料金よりもヤミ金被害者が相談・依頼しやすい料金を設けました。
Copyright (C) 2018 ヤミ金が恐れるジャパンネット法務事務所の口コミ All Rights Reserved.
Material by © 超シンプル素材集HP素材のおすそわけ。 TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]